Murder Village -side idea-

by Rokugen Alice / 六弦アリス

/
  • Streaming + Download

    Includes unlimited streaming via the free Bandcamp app, plus high-quality download in MP3, FLAC and more.
    Purchasable with gift card

      $10.99 USD  or more

     

1.
2.
3.
4.
03:36
5.
6.
7.

credits

released April 24, 2016

license

all rights reserved

tags

about

Rokugen Alice / 六弦アリス Japan

It is a Japanese artist whose main spirit is classical music and rock sounds, continues to deliver music with heavy feeling and philosophical lyrics, placing them on a slightly strange world view.
He also deals with theme songs of the game and theme songs of Japanese animation.
... more

contact / help

Contact Rokugen Alice / 六弦アリス

Streaming and
Download help

Report this album or account

Track Name: Rainy night of red
赤い雨の夜
文章:六弦A助 作・編曲:六弦A助


私も、そして彼らも、決して天へ召されることはないだろう
だからこそあの日、私は為さねばならなかったのだ

人の罪は決して赦されないものだ
神が人の罪を赦すのではない
人が自らの罪を忘れるのだ

私はあの日、罪を犯した
彼らはあの日、罪を犯した

私は心を失った 彼らは何を失った?
私は心を失った 思い出もまた、失った
後戻りはできない 今夜は赤い雨が降る


人はあまりに罪深い そして流行り病のようだ
傍にいる者から毒して行く

私は悪魔ではない ただ二人、幸せでありたかった
私を悪魔とするならば、彼らは何だ?

私は心を失った 彼らは何を失った?
私は心を失った 幸せもまた、失った
赤い雨が降る夜 涙は既に枯れている
Track Name: un deux trois
un deux trois
文章:六弦A助 作・編曲:六弦A助


彼女は村一番の踊り子だ
皆が彼女を賞賛している
今や彼女を認めない者はいない
そう、私一人を除いては

彼女のステップは見るに耐えないものだが
他人の蹴落とし方は実に見事なものだった

何かを得るためには何かを失うものだ
すべてを得る事など、どうしてできようか


彼女は村一番の踊り子だ
皆が彼女を崇拝している
虚飾に彩られた彼女の人生に
私は真っ赤な花を添えたい

さあ、私にその立派なワルツを見せて欲しい
村一番の踊り子ならば、左脚くらいなくても踊れるだろう

何かを得るためには何かを失うものだ
すべてを得る事など、どうしてできようか

彼女は今、素晴らしい踊りを披露している
席を立つ事など、どうしてできようか


私は悶え苦しむ彼女の傍らで
鼻唄まじりにワルツを踊った

「どうだい、私のステップは見事なものだろう?」
Track Name: Club 'Carnival'
美食家倶楽部 【Carnival】
文章:六弦A助 作・編曲:六弦A助


音をたてて食べません
残してはいけません
何の肉か聞きません
知らない方が幸せなのです

Chuck-Cha-Cha!
Chuck-Cha-Cha!
Chuck-Cha-Cha!
Chuck-Cha-Cha!
音をたてて食べません

息子の右足がどうにも見当たらない
君たち、知らないか?

まだまだ、まだまだ召し上がれ
まだまだ、まだまだ切り刻んで


さあ、掛けたまえ 片足では辛いだろう
さて、君たちには少し付き合ってもらおう

今宵のシェフは私が努めよう
新鮮なもも肉が焼けるところだ

Chuck-Cha-Cha!
Chuck-Cha-Cha!
Chuck-Cha-Cha!
Chuck-Cha-Cha!

まだまだ、まだまだ召し上がれ
まだまだ、まだまだ切り刻んで
まだまだ、まだまだ召し上がれ
まだまだ、まだまだ、死ぬまで
Track Name: Thirsty body
渇きゆく肢体
文章:六弦A助 作・編曲:六弦A助


あの井戸に近付いちゃいけない
こわい魔女が目を光らせている
魔女はその肢体を使って
村の井戸をいつの間にか牛耳っている

村の男たちは皆、彼女に魅せられていた
その光景はあまりにも品を欠くものだ
しかしそれはとても人間らしい
彼らが求めるは水か、彼女の肢体か

遍く人は罪深いもの
より良きを求め惑わされる
遍く人は罪深いもの
懺悔の時間はもう過ぎた


皆が求めたのは彼女自身ではなく
まさに彼女のその肢体なのだ
ならばその自慢の肢体さえあれば良いではないか
さあ、最高のトルソーの完成だ

遍く人は罪深いもの
彼女は思い違いをした
遍く人は罪深いもの
彼らは渇き続けていた

遍く人は罪深いもの
より良きを求め惑わされる
遍く人は罪深いもの
懺悔の時間はもう過ぎた


あの井戸に近付いちゃいけない
遍く人は罪深いもの
あの井戸水を飲んではいけない
いまごろ水は真っ赤に染まっている
Track Name: Devil's Sommelier
悪魔のソムリエ
文章:六弦A助 作・編曲:六弦A助


ワインを一杯くれないか?
最高のワインを飲みたい

 ■ロマネ・コンティRomanee-conti
 ■シャトー・ラトゥールChateau Latour
 ■ドン・ペリニヨンDom Perignon(斜体)(フランス語は変換注意)

いや、そうではない
もっと芳醇で情熱的な “赤” を飲みたい

君は葡萄酒工場を村人任せにして
そんな事さえ分からなくなってしまったのか

人は怠惰ないきものだ
そしてあまりに自己中心的だ
人は怠惰ないきものだ
危うくなって初めて気が付く


君は食事のとき、自らナイフは持たないそうだな
それならばもう、その右手は必要ではないはずだ

さて、最高の “赤” をグラスに注いだ
生命力あふれるその左手で試してくれないか

人は怠惰ないきものだ
そしてあまりに個性的だ
人は怠惰ないきものだ
失って初めて気が付く
Track Name: The Tailor of Many Orders
注文の多い洋服店
文章:六弦A助 作・編曲:六弦A助


「何かお探しですか?」
「何かお探しですか?」
『少しゆっくり見せてくれないか』

「何かお探しですか?」
「何かお探しですか?」
『この服は隣でも売られていたな』

君は隣で人気の服ばかりを仕立てて来た
君こそ探し物があるのではないか?

君はいつからか大切な何かを忘れ
誰かにすがって生きることを選んだ


しかし先ほどから君は愚痴が多いな
そんなに隣が妬ましいのか
そこにある立派なミシンを借りて良いかね
『君に最高のプレゼントを用意しよう』

まずは蝋引きの麻糸を用意してくれないか
何だ、君は左利きだったのか
思うに創造性のないその左手はもう、必要ではないだろう
代わりに私が必要としてあげよう

さあ、完成だ
これで少しは愚痴も減るだろう
言い忘れたが、そのマスクは二度と取れない

君はこれからも大切な何かを忘れ
主張もないまま、ただ、叫び続ける
せめて君のために、叶うなら私は
君のこれからを静かに訊いてあげたい
Track Name: A man without a face
顔のない男
文章:六弦A助 作・編曲:六弦A助


どうしたことか 君には顔がない
ただその代わり 君には罪がある
私の息子は君に人生を踏みにじられた
君が死んでも君の罪が消える事はない

そういえば君の妻をさきほど井戸の傍で見かけた
君に似てとても欲深い女だった

Step! Step! Step!
何を踏んでいるのかは、問題ではない
Step! Step! Step!
どうしたことか その首には顔がない


私の息子は君に人生を踏みにじられた
君は今、切断された首を踏まれ続けている

君にはもう、顔など必要ないだろう
人は個性によって滅ぼされるものだ

Step! Step! Step!
何を踏んでいるのかは、問題ではない
Step! Step! Step!
もうこれが誰なのかは、問題ではない
Step! Step! Step!
顔は消えても罪は消えぬという現実を
Step! Step! Step!
幸か不幸かと問うのは、ナンセンスだ

If you like Rokugen Alice / 六弦アリス, you may also like: